飯田市

更新 2019/6/12 10:06

キオイ・打ち上げ花火・仕掛け花火・連合大三国 七久里神社秋季祭典 裸まつり ななくりじんじゃしゅうきさいてん はだかまつり

ph_03

毎年9月下旬~10月上旬に開催

南北朝時代、南朝の宗良親皇を慰めるために始まったとされ、700年にわたり五穀豊穣や無病息災を祈願、感謝する豊年祭りとして継承されている伝統行事。

各集落の打ち上げ花火が上がると境内へ。「オイヨ」「オイサ」の勇ましい掛け声と共に、旗振りや練りこみ樽振りが始まる。
山本地区内から選ばれた7人のしめ縄を腰に巻いた若者が、重さ約15kg~20kgの大桶を頭上で振りながら、三国煙火の火の粉の下で舞う勇壮な祭り。「きおい」による奉納儀式の後は集落毎の大三国花火と仕掛け花火、最後は連合大三国と続き、祭りは最高潮に。

迫力もあり感動もあり、1度は見ておくべき祭りです。

各集落の仕掛煙火奉納


山本地区内の東平、西平、北平、南平、中平、大明神、湯川の7つの集落の仕掛け花火。

しめ縄・樽


各集落によって、重さ・締め方は違いはあるが、両方合わせて約15~20kgはあるだろう…

まつりの準備中

p1000343-yoru5.jpg
男性4人掛りで、しめ縄を腰に巻く。各集落の、コミュニティーセンターや公民館で拝見できます。

松・狛犬

p1000355-yoru6.jpg
この松は、斜めに生えています。七久里神社のシンボルの一つ。また、境内の狛犬は、全国的にも珍しい形状で有名。

基本情報

所在地 飯田市山本 七久里神社
最寄りの駅 JR飯田線
天竜峡駅からタクシー15分
飯田駅から駒場行の信南バス「山本支所前」から徒歩10分
最寄りのインター 中央道飯田ICから車で15分
中央道山本ICから車で5分
問い合わせ 飯田市観光課
0265-22-4851
地図

大きな地図で見る
HOMEへ戻る