開花宣言?

2016/4/1 金曜日

南信州の大祭、お練り祭りも大盛況のうちに幕を閉じ、東野の大獅子も7年間の深い眠りについた。
次の日から飯田市内の桜は開花宣言が発表され、我も我もと続いている。
南信州は樹齢300年を越える古桜や樹形の素晴らしい名桜が多く残り、一本桜のメッカとなっている。

そんな中、阿智村で赤菊芋を育てている菊池さん(73)からメールをいただいた。
3月末に収穫し、とってあった菊芋を調理するため、台所まで持ってきたら、なんと、桜の花が3輪咲いていたという。
メールによると菊池さんは、菊芋が植えてある畑の隅に、20年くらい前にお孫さんの誕生を祝い桜の苗木を植えたという。
まさかこの桜が菊芋と交配され、花まで咲かしてくれたとは、と驚く。
しばらくは鑑賞用として飾っておくが、早くどんな味がするのか食べてみたいそうだ。
kikuimozakura.jpg-1

HOMEへ戻る