松川高校演劇部が全国大会へ!

2014/7/14 月曜日

連日テレビ等で放送されていますが、台風8号は遠く離れた長野県でも豪雨となり、飯田下伊那の山を挟んだ反対側の南木曽町では土石流が発生し、甚大な被害をもたらしました。
被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
さて、夏の風物詩、全国高校野球選手権長野大会が12日から始まりましたね。
南信州の高校も長野県の頂点目指し頑張ってください!!
そして、演劇部!こちらも応援頼みまっせ!
松川高校演劇部は今年の2月に行われた高校演劇の関東大会で優秀賞を獲得、7月28~30日に茨城県ひたちなか市で行われる全国大会への切符を手にすることができました。
全国大会に出場するのは県内で松川高校が4校目。
13日、全国大会を前にいつも応援してくださっている松川町のみなさんに、感動を届けられるようにと町民体育館で松川町記念公演を開きました。
tirasi2.jpg
演目は、「ちいさいタネ」(黒瀬貴之作)。 広島の原爆孤児がテーマ。
「被爆から20年。広島の川土手に一人の男がやってくる。そこはかつてその男が被爆投下直後に暮らしていた場所だった。男は生きることに悩み、この場所に戻ってきたのだった。悩む男の前に、当時一緒に暮らした3人の仲間が現れて・・・。
・生きる ・命の大切さ ・戦争をわすれない(パンフレットから抜粋)」 
geki1.jpg
関東大会を終えて3人が卒業し、新たに1年生3人を迎えての新体制。
生徒さん一人一人の迫真の演技にどんどんこの「ちいさいタネ」の世界にのめり込んでしまいました。
時には考えさせられ、時には涙し、感動をたくさんいただきました。
当日は練習の成果を思う存分発揮できるように頑張ってくださいね!応援してますσ(^○^)
~96~

HOMEへ戻る